ニキビの治療をどうしていくか

私は、中学2年生の頃から、顔のニキビに悩まされています。

最初は、「おでこ」の部分だけで、髪の毛でごまかせるぐらいでした。

しかし、徐々に「ほっぺた」や「あご」の部分まで広がっていき、人に見られるようになってしまいました。

そして、当時、友達から、「ニキビ野郎」、「汚い」と罵倒される経験もありました。

ものすごく、落ち込みました。

ラントゥルースは効果あり?3ヶ月使用した私の口コミ体験談を辛口評価でお届けします!

そのため、皮膚科に行きました。「青春期のニキビですね。」と診断を受けて、「塗り薬」をもらいました。

そしたら、みるみる改善したのです。

しかし、高校生、大学生になるにしたがって、今度は「ニキビ跡」や「背中ニキビ」に悩まされるようになりました。

もちろん、皮膚科にも行き、「塗り薬」と「飲み薬」をもらいました。

飲み薬は抗生物質が含まれているようで、ニキビが生まれ菌をやっつけるために使用するらしいです。

徐々に改善しましたが、なんといっても皮膚科の治療費が高い。。

一度に「診療代」と「薬代」を合わせて4000円とられます。それが、二週間ごと。

ということで、皮膚科に通うのは辞めて始めたのが、「保湿」と「食べもの」に気を付けるようにしました。

「保湿」は化粧水を利用し、「食べ物」は脂っこいものは避けるようにしました。

そうすると、完治はしませんが、人前でもそこまで気にしないでいられるようになりました。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。