白髪がある現実は受け止めているけど

若い頃は、わたしだけは年を取らない!おばさんにはならない!なんて変な自信を持っていたのに今や立派な中年です。そうなってくると白髪もバンバン出てきます。白髪が出て当たり前の年齢だから不安に感じることは何一つないはずなのに、見た目の変化はこんなにも心を弱らせるのかと最近心細さを感じています。

http://www.lancashirebusinessexpo.com/

白髪が出てきた現実は受け入れています。歳を考えればそれは当然のこと。中年になって白髪が出ていない人は居ないでしょう?だから白髪を見てもそれが現実だからそれはそれで受け止めています。

だけども心が弱くなることに歯止めがかからないんですね・・・。見た目が変わることで心も変わります。わたしは単純なので白髪染めのため美容院へ行くとキレイに染めてもらった途端元気になります。白髪が目立ってくるまでの間心もカラダも元気。精神状態は至って健康ですが、白髪が伸びてきて鏡を見る度キラキラするようになると心の状態が不安定になります。

心の状態が最高に不安定になっているのは美容院へ行く前。白髪染めに行く前は白髪が目立っているから鏡を見るのもつらいのです。白髪がキラキラしている自分を見るのがつらい・・・。これを永遠に繰り返すのでしょう。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。