40代の女性より肌が汚かった20代のわたし

今でこそ友人から「肌が綺麗だね」と褒められたり、

ファンデーションを塗る必要もなくなった私ですが、昔から肌が綺麗だった訳ではないのです。

私が肌のことがコンプレックスだと感じたのは中学生からでした。

当時の私は外の部活で毎日日に当たり、

気が付いた時には「そばかす」が目立つようになりました。

友達からも親からもそばかすの多さを指摘され

その頃から自分の肌がコンプレックスになっていました。

高校性になるとさらに増え

大学生になってアルバイトをはじめると

自分より年配の40代のパートさんのほうが肌が綺麗だったりと

まだ10代なのにこれからどうなるんだろうかと日々落ち込んでいました。

アルバイトをして稼いだお金で

「しみに効く化粧水」を試してみるも

効果はいまいちでした。

ですが私は「美容医療」に出会って人生が変わりました。

http://www.biroussan.com/

学生の頃は手を出せる料金ではなかったので

社会人になった20歳のころ、レーザートーニングと呼ばれる

治療を美容皮膚科でうけました。

5回ほど受け、長年悩んでいたシミ、そばかすが

少しずつ薄くなったのです。

そしてその後先生に勧められたのはYAGレーザーと呼ばれる治療です。

この治療はレーザーの中でも強いレーザーです。

この治療を1年程続け結果的には気になっていたシミ、そばかすを

全て消すことができました。

あれだけ嫌いだった自分の肌、

ファンデーションをしないと人に会うことなど

絶対できなかった自分ですが

今はファンデーションなしで外出できますし、

何より自身を持って生きること出来る様になりました。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。