花粉症の季節に起きる肌トラブル

もう季節は春ですね。これは同時に花粉の季節がやってきたことも示しています。

シルクリスタの効果

(泣)花粉の季節は鼻が出たり詰まったり、頭が痛かったり、体の変化だけでもうんざりしたしまいますが、それと同時に襲って来るのが肌トラブルです。この季節は例年(今の時代は通年ですが)マスクが欠かせません。

また、花粉による反応なのか、肌の調子もそもそも不調になりがちです。去年の私は、それを隠すべく、必死にファンデーションやコンシーラーを塗りたくっていましたが、隠せば隠すほど肌が荒れてしまうという無限負のスパイラルに陥ってしまいました。今年こそは去年と同じ失敗はしない、と心に決め、花粉のピーク期に向けて、今からかなりスキンケアを丁寧に行っています。

今年新たに私のスキンケア一軍の仲間入りを果たしたのはふき取り化粧水とトーンアップ効果のあるクリームです。ふき取り化粧水は、友達から進められて買ってみたのですが、普段しっかりメイクを落としているつもりでも落ち切っていなかったことが良くわかりました。

これをスキンケアのはじめに行うことによって後に行う工程の肌への入り方が格段に変わっていきます。このおかげで保湿がより効果のあるものになりました。また、トーンアップ効果のあるクリームは朝のお手入れの最後に塗っています。

夜のスキンケアで気を使っているおかげか、肌が去年に比べてだいぶきれいな状態なので、わざわざファンデーションを塗る必要もないと思い、最近はこちらのみをベースメイクとして使うようになりました。

私と同じように花粉症で肌がボロボロになってしまう方はいらっしゃると思いますが、このようなスキンケア法も参考にしつつ自分に合ったスキンケアで花粉に打ち勝ちましょう!

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。