稀にみる貧乳

バストの成長が始まり始めた中学生頃からその成長は、ほとんど止まり、稀にみる貧乳の私です。これまでの人生の中で、大人で私より小さいバストの人をほとんど見たことがないといってもは過言ではありません。あまり牛乳を飲まなかったせいか?遺伝のせいか?母は、どちらかというと大きいほうで、私には、二人の姉がいますが、長女も大きいほうです。次女も、私とは比べ物にならないくらいの大きさはあります。そんなわけで貧乳の原因は、未だわからないままです。

モテアンジュ効果!

若い頃、ビキニが流行り、憧れて買ったものの、プールで飛び込んだ瞬間ビキニが上にずれて、上半身丸裸状態。そんな恥ずかしい体験以来、ビキニは一度も着たことがありません。

高校生にもなるとバストの成長の差は明らかなもので、男子からは貧乳をいじられたものでいた。
温泉などの浴場では、コンプレックスを実感する場所であり、タオルで必ず胸を隠し、未だにいつもこそこそと目立たないようにしています。

私にとってのブラジャーとは、バストの形を整えるためのものでもなく、重量や揺れから守るためのものでもなく、只々、貧乳を少しでも胡麻化すために着けているにすぎません。最近では、小さいサイズものやブラジャーに厚いパットが入ったものなど工夫されたものが沢山出てきて、選択がされやすくなってきましたが、以前は、サイズも種類も少なくて、ストラップがずれたり、カップがプカプカしたりするなど、とても着け心地が悪く違和感がありました。

バストが大きい人は、肩こりが酷いとか、走ると揺れて痛いとか、それはそれなりに悩みはあると聞きましたが、無いものねだりでしょうが、女性ならではシンボルの豊満なバストには、やはり憧れてしまいます。
今まで、貧乳でコンプレックスを感じてきた人生ですが、中年となった今では、スポーツも身軽にでき、肩こりも感じず、貧乳ゆえにバストのたるみも感じないことに今では、これも私の特徴の一つとポジティブで考えることにしております。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。