アラフィフのゆるゆるダイエット

今から約5年ほど前、町の健康診断で引っかかってしまったことをきっかけに、いわゆる「低糖質ダイエット」をしました。
私が実行したのは主に次の方法です。
①体重を測ることをやめました。

パエンナスリムNEO(ネオ)を辛口評価!むくみへの効果と私の口コミ!

ダイエットには体重を測ることが常識のように世間では言われていますが、日々の数字の増減はストレスになるのでやめました。
②自分に対する意識を変えました。

自分を責めると却ってストレスになるので「私は太りやすいから」ではなく、「私は生まれつき体が弱くて栄養を上手く消化できない」と思うようにしました。要は「太っている」「太りやすい」という意識から目をそらしたわけです(笑)。

③油を変えました。
普段使いの油をオリーブオイル、米油、ごま油に変え、揚げ物自体は好きで制限しなかったのですが、市販のお惣菜の揚げ物を極力減らしました。そのせいか分かりませんが、コレステロール値も改善しました。

④炭水化物を減らしました。
正直これは辛かったです。ご飯は一食60g、麺類は一人前を半分にしました。その分、野菜やたんぱく質を多めにとり、薄味を心掛けました。間食はナッツやドライフルーツ、高カカオチョコレートなどにするよう心掛けました。

以上の①~④をたまにハメを外しつつ実行したところ、一年後の健康診断では体重が20kg減、腹回りも20cmほど細くなり、私も測定した人も去年のデータを思わず二度見。この頃には服もブカブカになり、周囲の見る目も変わって同年代の人からは「どうやって痩せたの?」と聞かれるようになりました。

この方法は「夏までに〇kg」とか「痩せて〇〇を見返したい」という方には不向きですが、運動が苦手、面倒な事が苦手な方にはお勧めです。時間はかかりますが、体への負担は少ないと思います。
現在はやめてしまって少しリバウンドしましたので、落ち着いたらまた始めたいです。ご飯60gは少し無理があったので、次は炭水化物を少し増やして長いスパンで実行してみようと思います。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。