髪が痛む生活習慣とは。

髪が痛む生活習慣とは、複数存在します。
大事なことは、髪にいいことをすることですが同列に大事なことの一つが、髪にダメージを受ける生活習慣だと思っています。

大きなことは3つあって
1、髪を乾かさない。
2、セット材を根元までつける。
3、頻繁に髪を染める。
です。

ニューモ育毛剤はどの通販が最安値?私の口コミと効果を辛口評価で紹介!

髪を乾かさないについてはもうお分かりだと思いますが、髪を乾かさないでいるとシンプルに髪の根元が冷え髪が生えにくくなります。
その上バイキンが入り根元から薄毛に悩まされるようになります。

次はセット材を髪の根元までつける行為ですが、前代未聞ですよね普通に髪にダメージが入ります。とても痛々しいですね。
何より将来禿げる原因になります。

頻繁に髪を染めるは、もちろん痛みますというか日本人はあまり髪を染める必要がないと個人的に思っております。
理由は、海外において黒髪は非常に希少ですので黒髪が一番いいと感じます。
金髪、茶髪や派手な髪色より黒髪の方が美しく保てる上、禿げる原因をダメージカットできる。
それだけのメリットがあるのですから髪を染める行為は自ら禿げようとしているのと同義にあたいします。

これらが髪を良質に保ち結果冬や季節の変化に柔軟に対応できることにつながるわけです。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。