年齢肌という事実

女性なら誰もが一度はぶつかる肌トラブル。
10代・20代の頃は、まったく気にならなかったことですが、
アラフォーの今、ようやくあの頃感じていた違和感の答えがわかりました。
20代半ばを過ぎた頃から、鏡に映る自分の姿に違和感を感じ始めました。

セシュレル

化粧の仕方を変えたり、髪型を変えても何も変わらない。
それが、アラフォーの今になってようやくわかった【肌トラブル】
30代を過ぎた頃から、化粧のノリが悪くてどんどん厚塗りになり
外出先では鼻周りの毛穴に詰まった皮脂を隠すため、
さらに厚塗りになってしまう負のループ。

お風呂上がりのスキンケアをしても「老けたなぁ」と感じたとき、
若い頃と何が違うのかよく見ると、毛穴の大きさでした。
毛穴が大きいと、顔のトーンが暗くなるんです。
笑っても寄った毛穴で陰になりやすく、若々しい肌に見えにくいんです。
毛穴については、いろいろなサイトを見ても、小さくする方法は
ほとんどないと書いてあります。

でも、ようやく気が付けた私に、何か改善する方法はないのかと調べた結果、
基本中の基本である洗顔が一番大切だということを知りました。
朝起きたらまずは顔を洗いなさいと、うんざりするほど母親に言われた朝の洗顔。
成人してから不規則な生活の中で、化粧をしたまま寝てしまい、
朝起きて、時間がないからとてきとうに洗顔をしてしまう。

この悪い習慣が、将来の自分にどれだけ大きな衝撃を与えるかなど、
若さというフィルターによって、今ようやく気付くことができました。
今では、なるべく洗顔での肌負担を減らせるように、化粧をする日を極力減らし、
併せて保湿をプラスしています。
どんなに高いスキンケアや化粧品をよりも、基本的な洗顔が一番大切なんだと
身にしみました。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。