今月も来た…厄介なあごニキビ

季節の変わり目になるとお肌が乾燥する…。寝不足が続いてニキビができてしまった…。最近シミやシワが気になってきた…。
このようなお肌に関する悩みは、私たちにとって身近なものです。多くの人が、日々いろいろなお肌の悩みを抱えていることと思います。

私もその一人で、毎月悩まされているお肌トラブルがあります。それは、生理前に決まってやってくる、あごニキビ。大きくて目立つし、触れると痛いし…。特に最近の生活では、マスクが触れてとても痛みます。でも逆に、マスクさえ外さなければ人には見られないというメリットもありますね。学生の頃は人にニキビを見られるのが恥ずかしくて、真夏でもマスクをつけていたような記憶があります。

http://ari-peru.org/

そんな厄介なあごニキビは毎月決まって同じ位置にできて、生理前になると姿を現す前から少し痛み始めます。「あごの真ん中が痛んできた…そろそろ生理前だ…」と、あごニキビが生理の時期のお知らせ機能になっているようなものです。
学生の頃から付き合って来た悩みなので、自分なりに改善策もいろいろ試してきました。その中で、だれでも心がけられることをご紹介します。

まず、規則正しい生活をすること。これはニキビを防ぐためだけではなく、身体の健康を保つための基本でもあります。夜更かしはせずに早めに寝て、朝も早い時間に起きる。そうすることで、質の良い睡眠をとることができ、お肌にもきちんと栄養が届きます。

次に、食事です。栄養のバランスがとれた食事をとることが大切ですが、それに加えて、私が意識したことがあります。それは、生理前を言い訳にして暴飲暴食しないこと。生理前になると異常なほど食欲旺盛になってしまうことには、共感してくださる方も多いと思います。私も、生理前は胃が底なし沼状態になります。しかも、強烈に甘いものが食べたくなってしまうのです。そこで「生理前だし、しょうがないか」と、生理を言い訳にしてドカ食いすると、あごニキビはかなり悪化していました。我慢のしすぎも良くないので、甘いものはほどほどに、栄養のある食事をとることで、お肌をいたわることが大切です。

睡眠や食事など、基本的なことを見直すだけでも、ニキビが少しマシになりました。これからも毎月付き合っていかなければならない悩みなので、少しでも良くなっていくように改善策を見つけていきたいと思います。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。