世界人口に金髪の割合はどれぐらいいるか?

金髪(ブロンド)は人間には比較的に稀にしか見られない髪色で、全人口の内で1.7パーセントから2パーセントしか見られない。

基本的に、金髪は鳶色などの明るい瞳の色や、ピンクベースの、しばしばそばかすのある肌と関連している(しかしながら

http://www.foolhardyfilms.com/

オーストラリアのアボリジニのような、浅黒い肌を持つ人々の間に一般的に現れることもある)。金髪の種類は(プラチナブロンド、トゥーヘアード)から、暗い色のダークブロンドにまで及ぶ。ストロベリーブロンドは金髪と赤毛の混じった珍しい髪の色である。金髪は劣性遺伝である。金髪はユーメラニンよりもフェオメラニンを多く含んでいるが、赤毛ほど多くはない。

天然の金髪は最も細いが、他の色の髪より毛数が比較的多く
金髪の人は平均して14万本の毛髪を持っている。
生まれたときから金髪で生まれてくるわけである。

「赤髪の割合は?」
赤毛(赤髪、レッドヘアー)は全世界的に最も珍しい色の髪であり、スコットランドやアイルランドで比較的多く見られる。
アメリカ合衆国では人口の2パーセントが赤毛である。

つまりアメリカの人口は3億なので
600万人しかいないわけである。

赤毛の色は鮮やかなイチゴ色から、深い赤褐色やワイン色にまで及び、主に白人の間で見られる。

赤毛は遺伝子Mc1rの突然変異によって引き起こされる劣性遺伝であると考えられている。基本的に、赤毛は明るい瞳の色と、色白の肌と関連している。赤毛は最も多量のフェオメラニンと、最も少量のユーメラニンを含んでいる。天然の赤毛は最も太い毛髪と、最も少量の毛髪を持っており、その数は平均して9万本である。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。