バストエクスパンダー

若い頃から胸がない。いつかきっと大きくなると願ったが願いはむなしく20歳になっても変わらなかった。もちろん56歳になった今も成長する気配がない。学生時代ぴちぴちのセーターが流行り、初めて学校に着ていったのだが、駅のトイレで鏡に映った姿を見て胸のないことに気づき、途中で引き返したことがある。

http://www.schott-relations.com/

ある日、雑誌の裏表紙かなんかに「あなたのバストもこれで大きく!」とのセールポイントで『バストエクスパンダー』なるものが通販として載っていた。要は伸びたり縮んだりするエクスパンダーだが、手軽に持ち運びができ、どこにいようがバストアップができるというもの。「10センチも増えました。」「男の子にもてるようになった!」など体験談がとにかくそそり、親に内緒で買える値段でもあったため、隠れて購入した。

毎日ポストをのぞいてわくわくしていたら、届いた届いた!袋を開けてみたら、なんだか輪ゴムのでかい版の何だこりゃという代物。とりあえず説明書に書いてあった運動法で毎日やっていると父に見られた。「何やってんだ。」と言われ、当時フルートを習っていたので、「フルートの先生からもらった筋トレゴム」と嘘をついた。しかし、その雑誌の次月号にまたまた同じようにそのバストエクスパンダーが載ってしまった。妹に見つかり、「お姉ちゃんのあれ、おっぱい大きくするやつだよ。」とばらされ、しばらくの間「おい、エクスパンダー」と呼ばれた。

しかも1か月頑張ったが胸が育つ気配もなく、いつの間にかゴムが固くなって使い物にならなくなった。今ももちろん小さい胸を鏡で見ては、あのゴムの臭いを思い出す。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。