「胸が大きい」ことで本当に大変なこと

女性の下着って 決して安くないし、自分のバストにあったものを探すのってものすごく難しい。

コストをおさえて、可愛いデザインで、シルエットがきれいに出て、つけ心地がよくて.. ってわがままをたくさん詰め込んで自分にあった物を手に入れたいけど かなえるのは本当に大変。でもそれをGカップ以上の人が叶えられることは本当に稀なんじゃ無いかなと思う。

わたしはカップサイズが大きいのにアンダーバストは細めで、カップサイズから探すと大体出てくるのはアンダー75cm以上から。だからと言ってアンダーバストから探すと自分の必要なカップの4つも5つも下のサイズまでしか作られていない。

いざ見つけても値段は単品で10,000円前後。大きければ生地も余計に必要で強度もいる、さらに買い手が少ないのだから値段は上がってしまうし理解はしていても学生にとってはかなりキツい。アルバイトをしても一度には1着くらいしか買えないし、それだけじゃ毎日がまわらない。

いざ、2つ3つ買ってみたらストラップがゴワゴワで、1日の終わりには肩が真っ赤だったり、酷い時はバストの重みとストラップの生地に耐えられないのか肩から出血していることもある。でもそのゴワゴワの理由ってきっとストラップが普通のものだと長さを調整するアジャスターが胸の重みに耐えられなくて緩んでしまうから、そのゴワゴワ ガタガタがアジャスターをキャッチしているんだと思っている。実際、ゴワゴワブラの日はストラップが緩んでチューブトップ状態になるってこともなかった。

工夫をしてつけ続けても、ストラップが当たる部分に沿ってたくさんのホクロみたいな小さな点ができてしまう。きっと負担がかかりすぎたゆえにメラニン色素の沈着が進んだのだろう。それでもバストが垂れてしまうのは嫌なので3つくらいをローテーションで毎日着け続けているけれど、3ヶ月も経てばブラのワイヤーが飛び出してきてしまい剥き出しの状態になる。

ワイヤーの先端は加工が施されているけれど結構痛くてなんども大学のトイレへ飛び出たワイヤーを外しに授業をぬけた。そうなってしまえばバストの形を綺麗にキープはできないし、それがブラの寿命なんだということで諦めて手放している。

サイズが無い、値段が高い、肩からの出血とメラニン色素の沈着、ワイヤーに刺される、1着が3ヶ月くらいしかもたない。自分に合うブラってどうやったら探し出せるんだろう。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。