バストが大きい方の悩みとは一体何?

女性は誰しもバストのことで悩みがちではないでしょうか?バストの悩みにはまちまちあり、小さいことが悩みの方もいらっしゃれば大きいことに対して悩みを持っていると言う方も少なくありません。バストが小さい女性がいましたが「大きくてうらやましい…」と思うかもしれませんが、大きい人からしたら小さい方がうらやましいと思う方もいるのです。

そこで今回は、バストが大きいことが悩みの人はどのようなことに対して悩みを持っているのでしょうか?いくつか例を挙げてご紹介していきたいと思います。

まず胸が大きいことによって1番起こりえることとして「バストが垂れてしまう」と言うことが挙げられるのです。大きすぎることによってバストが重くなってしまい、結果下着で上手く補正を行うことができなければバストが垂れてしまいます。結果として形がよく見えず、その形の悪さがコンプレックスとなってしまうのです。

またバストが大きければその分、肩や首にかかってくる負担も増えてきてしまいますので、結果として肩こりや首こりを起こしてしまいます。このような肩こりや首こりは体にとってとても負担になり、大変ストレスになりますので、バストが大きいことによって起こる肩こりはあまり良くないと言えるでしょう。

大きい人の愚痴、聞いてください!

これ、贅沢な悩みとかよく言われるんですけど、私、人より大きめなのが悩みです。

サイズはGカップ。

中学生くらいの頃から明らかに周りの人たちよりも大きくて、夏の水泳の授業とか、胸のあたりをチラチラ見られてひそひそ話をされていることとかよくありました。

高校生の頃も同じような経験があって、友達に相談しても、「みんなうらやましがってるんだよ」とか「え?何それ、自慢?」とか言われたり…

もちろん、社会人になってもそれは変わらず、むしろ成長してどんどん大きくなっていったので、やはり何かと注目を浴びてしまうんですね。

飲み会の時に、酔っぱらった上司たちに「ホルスタイン」とか言われたりして。

歳を重ねていくうちに、適当に流せるようになっていったけど、だからって何言ってもいいと思うなよ!って感じです。

それから、夏になって薄着になると胸が目立つのが嫌です。

といって、目立たないようにいつもダボダボの服を着ているのもイヤなので、ピタッとフィットするような服は選ばないまでも、普通に気に入った服を着るのですが、ここでまた嫌なのが、通りすがりの人に見られること。

おっさんにニヤニヤされながら見られるのも嫌なのですが、本当に嫌なのが女の人。

まず、胸を見る。大きいなと思われる。そして…にらみつけられる。え?何で?私何かした?って感じです。

「あれ、絶対、豊胸でしょ」とか言われたこともあるんですよ。

豊胸だったら、もうちょっとちょうどいいサイズにしてるわ!

あ、それからブラジャーも、小さめ人よりバリエーションが少ないうえに、お値段も高いです。

それでも最近は可愛らしいものが増えてきましたけど、一昔前なんか、色もベージュか黒か…しかもショーツとセットで10,000円とか!

ブラジャー貧乏な時期もありました。

大きいからって羨ましがられたりするけど、本人的には愚痴だらけです。

走って揺れるのも嫌だし。で、やっぱり見られるし。

やれやれです。

以上、大きい人の愚痴でした~

「胸が大きい」ことで本当に大変なこと

女性の下着って 決して安くないし、自分のバストにあったものを探すのってものすごく難しい。

コストをおさえて、可愛いデザインで、シルエットがきれいに出て、つけ心地がよくて.. ってわがままをたくさん詰め込んで自分にあった物を手に入れたいけど かなえるのは本当に大変。でもそれをGカップ以上の人が叶えられることは本当に稀なんじゃ無いかなと思う。

わたしはカップサイズが大きいのにアンダーバストは細めで、カップサイズから探すと大体出てくるのはアンダー75cm以上から。だからと言ってアンダーバストから探すと自分の必要なカップの4つも5つも下のサイズまでしか作られていない。

いざ見つけても値段は単品で10,000円前後。大きければ生地も余計に必要で強度もいる、さらに買い手が少ないのだから値段は上がってしまうし理解はしていても学生にとってはかなりキツい。アルバイトをしても一度には1着くらいしか買えないし、それだけじゃ毎日がまわらない。

いざ、2つ3つ買ってみたらストラップがゴワゴワで、1日の終わりには肩が真っ赤だったり、酷い時はバストの重みとストラップの生地に耐えられないのか肩から出血していることもある。でもそのゴワゴワの理由ってきっとストラップが普通のものだと長さを調整するアジャスターが胸の重みに耐えられなくて緩んでしまうから、そのゴワゴワ ガタガタがアジャスターをキャッチしているんだと思っている。実際、ゴワゴワブラの日はストラップが緩んでチューブトップ状態になるってこともなかった。

工夫をしてつけ続けても、ストラップが当たる部分に沿ってたくさんのホクロみたいな小さな点ができてしまう。きっと負担がかかりすぎたゆえにメラニン色素の沈着が進んだのだろう。それでもバストが垂れてしまうのは嫌なので3つくらいをローテーションで毎日着け続けているけれど、3ヶ月も経てばブラのワイヤーが飛び出してきてしまい剥き出しの状態になる。

ワイヤーの先端は加工が施されているけれど結構痛くてなんども大学のトイレへ飛び出たワイヤーを外しに授業をぬけた。そうなってしまえばバストの形を綺麗にキープはできないし、それがブラの寿命なんだということで諦めて手放している。

サイズが無い、値段が高い、肩からの出血とメラニン色素の沈着、ワイヤーに刺される、1着が3ヶ月くらいしかもたない。自分に合うブラってどうやったら探し出せるんだろう。