15年以上前に出会った男性と付き合って結婚しました。

彼と交際を始めたのは出会ってから15年以上経過してからでした。

出会いはバイト先。
彼は社員で私はアルバイトという関係。

出会った頃、彼とは恋愛関係になりそうな状態でしたが『最近連絡ないな・・・』と思い始めた時に彼は別の女性と交際を始めていました。
しかも交際相手は同じ職場の同僚。

子持ちでも再婚したい…!子連れのシンママ向けの婚活サービスを紹介!

天秤にかけられてたのか?
それとも私の勘違いだったのか?

悲しくなりましたが失恋したからバイトを辞めたと思われるのも悔しいし、彼に対しての対応も以前と変わりなく過ごし半年後に退職。

アルバイト先を変えると1年位経つと彼の事も忘れ別の出会いもあり、どうしても彼に連絡をとらなくてはならない出来事があり連絡しました。
この出来事は彼の中では人生を左右するほど重大事件だったようで今は話が長くなる上に今回の話とは関係ないので割愛します(笑)

そこから再び連絡を取るようになりましたが、恋愛関係においては彼に思わせ振りな態度を取られて以前のことがあるので
『この人(彼)は素でこういう人なんだ。』
と考えるようにして友人として過ごしていました。

彼との出会いから9年ほどして私は結婚。
相手は彼ではなく別の人。

その時彼に
「お前の考え方は全てにおいて”あさはか”だ!
人をばかにしてるのか!?」
と電話で罵倒され連絡は途絶えました。

一方的に怒鳴られて電話を切られたことで私からも連絡をするのはやめました。
数年後に一度、彼から連絡があり彼も彼女ができて楽しく過ごしているという話を聞いて一安心。

そこから約7年。
私は夫のモラハラと浮気、暴力に耐えかねて離婚。
タイミング良く彼から連絡が来ました。
彼との友人関係が復活し、離婚から1年後に交際開始。
1年半後に再婚しました。

彼と交際を始めた時に1度目の結婚の際、罵倒してきたのはなぜか理由を尋ねると

「一緒に遊びに行ったり、飲みに行ったり・・・
そろそろ付き合おうってタイミングだったのに他の男と結婚するからだよ!」

と言われました。

「えっ?あなたがそれを言う?
そもそも最初に散々思わせ振りな態度を取っておきながら別の子と付き合っておいて??
その気持ちは言葉にしてくれないと分からないよね。
その話に関してはお互い様ってことにしよう!」

と提案し、大きな喧嘩もなくであってから18年後に結婚し子どもも生まれて家族で楽しく暮らしています。
彼の友人に出会ったきっかけを聞かれると上の話をしているのですが
「運命だな!」
と驚かれます。

ハイスペックイケメンのキュンとした行動

先輩の紹介で出会った彼は
大手商社マンで
マッチョ系イケメン。
はじめは6人での夕食会。
ビジュアルは、ややワイルドで
ドンピシャなタイプでした。

http://www.homoludicus-sabadell.org/

しかも、お笑い芸人さんのように
たくさんの面白いネタを持っていて
いつも笑わせてくれる楽しい人。
これ以上理想のタイプはいないな、と思いました。

帰り際、連絡先を聞かれた時は
やったあ??!と、心の中で叫びました。
何度目かのデートで
夜景の綺麗な大磯の鉄塔に行きました。

ぐるぐると坂道を登っていると
急ブレーキで車を止めた彼。
突然車から降りて、道路に落ちていたゴミを
蹴り飛ばしました。
ん?何してんのかな?と、思っていると
「道の真ん中にゴミなんか捨てちゃダメだよね。

猫が来て食べてた。
ひかれちゃうよ。」
私は気づかなかったのですが
猫が道路に落ちたビニール袋に入ったゴミに
夢中になっていたようなんです。
なんて優しい人なんだろう。

と、感動しました。
改めて、私の知らなかった彼の一面を知ることにもなりました。
わざわざ車を降りて
猫が犠牲にならないように
ゴミを退けた彼の温かさ。
見た目とのギャップもあり、一気に好きになりました。

ギャップ萌えというやつでしょうか。
今はお互い別の人と結婚して家庭を持ちましたが
あんなに純粋に恋をしたのは
彼とが最後だったかなぁと
今でも思い出すとキュンとします。

顔も知らない携帯の中の恋物語

もう30歳越えていまだに独身の私が体験した学生時代の頃の話です。
私は田舎で育ち学校も近くに中高合わせて5もないくらいの小さな町で育ちました。もちろん同級生に女性も居ますが、小学校から同じクラスが続くなかでとても恋に発展することはありませんでした。

結婚できない自衛隊へ!本気の出会いが見つかる婚活サービスを紹介!

携帯が普及しだしたころネットで街の女の子と知り合いになれました。始めて同級生以外の女の子と話すときはとてもドキドキしました。
その子は同じ県の中心部の街に住んでいる私より年下の女の子でした。お互いまだ学生ということもありなかなか会えずにいました。

バスで会いに行くということもできたのですが、その頃の私のお小遣いじゃとても会いに行くことができませんでした。その頃はまだ写メも普及してなくお互いに顔の知らないまま1年位携帯だけで連絡を取り合ってました。私は彼女は出来なかったのですが向こうは彼氏ができたのか、会えないままで不安が積もる一方でした。そんな感じで知り合って1年目の記念日にお互い合う約束をし私は親に頼み込み車で彼女に会いに行くことができました。

待ち合わせをし彼女がやって来ました。始めて会いとても可愛くてすぐ恋に落ちました。その日二人で2時間くらい街で遊び親も待たせていたのでその日は次会う約束をし別れました。

それから1ヶ月くらいして向こうから連絡が無くなりました。彼氏ができたそうです。
大人になり今になって思うと携帯の中で恋の魔法にかかり会ってその魔法が優しく消えたのかもしれません。

彼は、自己中俺様男。

私と彼との付き合い期間は15年が経過している。
お互いに「結婚」という概念がなく
自然な形で一緒に入れたらいいねというスタンスで
気づけば10年以上経っていた。

医者との出会いが見つかる婚活サービス!医師と結婚したい女性は必見!

ただ、15年以上付き合っていても
ドキドキもするし、時には家族のように、時には親友のような存在で
一緒にいて、飽きたことはない。

というのも、彼は変わっている。
常軌を逸した行動が多々ある。
最初の頃は「この人大丈夫?」と思うことが多く
周りに、彼の話をすると普通に引く。

彼は超自己中俺様男。
自分中心に世界は回ってると思ってるし
少しでも自分が考えてる事と違う事があると
怒る。わめく。拗ねる。

自分が思った通りに事が進まないと嫌なのだろう。
こうなると、かなりめんどくさい。

自分の事が一番だから
私が泣こうが、わめこうが
お構いなし。

ただ、仕事は真面目で
常に上を目指したいという理由で
仕事に集中してるときは、私のことは二の次。
半年間、ほったらかしにされた事もある。

某人気ドラマ「花○より団子」の道○寺のような人なら全て許せるのに
性格は似てるが、見た目は正反対。

そんな彼と本当の意味で上手くいきだしたのは
コロナの影響もある。
お家時間が長くなり、二人でいる時間も増え
会話が増えた事も一つの要因なのかもしれない。

付き合いだしたのはお互い20代前半。
現在、30代後半。
付き合い当時は彼の行動も全てを把握したい
束縛ガチガチ女だった私も、今では放牧状態。

そんな彼も、少しづつだが変わりつつあるのかもしれない。

彼は自己中俺様男。
それでも私に対しての「愛情」はピカイチ。
全力で愛を伝えてくる。

笑顔が増えた。
釣り目だった彼の目頭は年々下がってきた。

「○○ちゃんのご飯は世界一」とご飯を毎日残さず食べてくれる。
心なしかお腹が出てきた。

そんな彼と来月、結婚する。
彼は私の中では最高の彼氏。

周りから見たら、理解できないだろうし
そんな奴やめとけと何回言われたか解らない。

そんな私も、常軌を逸しているのかもしれない。

婚約・結婚指輪は500円玉貯金

主人とは結婚前から同棲していました。
同棲して1年半程経った頃、プロポーズされ結婚する事になりました。
主人はもらったお給料は考えなしに使ってしまうタイプで、貯金はほとんどありませんでした。

http://www.azdomestaas.com/

そもそも安月給だし、指輪なんて期待してもいません。
ですが、プロポーズされて結婚する事になり、お互いの両親にも報告して…と話が進んでいくと主人が行動に出ました。
彼はタケノコの水煮が入っていた、でっかい空き瓶に500円玉を貯金し始めたのです。

タケノコが丸ごと入っていた空き瓶なのでかなりの大きさです。
『これに500円玉を貯金していって、いっぱいになったら婚約指輪買えるかなあ』
と彼が言ってくれて、本当に愛しく思いました。

ただでさえ3つ年下の彼なのですが、可愛さと愛しさと頼もしさを感じました。
無駄遣いも減って、せっせと500円玉を貯金した結果、約30万円を貯める事ができました。
高価な指輪ではないけど、指輪も彼も一生大切にしようと思いました。
今でもあの時の事を思い出しては惚れ直してしまいます。

補足ですが、500円玉のまま指輪を買う事はできないので両替が必要です。
ATMで小分けに両替したのですが、めちゃくちゃ大変でした(笑)
それも今となっては良い思い出で、笑い話になっています。

運命の相手だと思っていたのに

私は看護師 27歳
まだ独身で、いままで何人も彼氏が出来て別れてを繰り返していた。
友達からLINEでマッチングアプリ的なものがあると教えてもらった。
そのマッチングアプリで、ある人と出会ったお話。

http://noveinicijative.org/

私は東京に上京して数ヶ月。
1人で上京して周りには友達も居らず、まだ仕事が浅く職場の人とも遊びに行く関係の人もいなかった。
大阪の友達とLINEをしながら、マッチングアプリ的なものがあるのー面白いからやってみて!
と言われて始めるようになったが、会員登録してそのまま放置。

別に数ヶ月そのままにしていると、友達から「あのアプリで何人か会ったよー!奢ってくれるしラッキー」とのことで、興味を持って少しするようになった。
そのアプリには職業を選べる欄があり、選択肢はかなり多かった。面白がって声優と調べると1人だけヒットした。
「おっ」とは思ったが、あまり興味が無く閉じるボタンを押そうとした。が、閉じるボタンではなく、申請ボタンを押してしまったのだ。

このアプリは、申請ボタンを押して相手が了承をしてくれたら御飯の場所を決めると言うようなシステムだった。
「どうせ拒否するだろう」と思って数日放置していると、了承してくれたようだった。
了承してマッチングをしてしまうと、強制的にご飯に行くようなシステムになっていて、渋々行くことを決意。

ついにその日が来た。待ち合わせ場所、どんな人が来るのか、ドキドキしながら待っていた。
そこに居た人は、かっこいい男性。声をかけると、優しく話をしてくれた。「声の仕事をしています。中本(仮名)といいます」
声優をしているだけはある、かっこよかった。それから、何回か会うような関係になったが、付き合おうとは言われず…好きですと言ってはみたが、何も返事もなく私から静かに離れることにしました。私の経験した取り留めのない話でした。

別れ、再会、サヨウナラ

大学時代の部活の仲間と集まることになりました。10年ぶりに集まるみんなと会うことは楽しみでしたが、あのとき付き合っていた彼も来るのかな…そんな淡い期待をもちながら、その日が来るのをドキドキしながら待ちました。「待ち合わせて一緒に行かない?」友達のミーちゃんから連絡がきました。

http://www.ejgold.org/

久々に会った彼女は「実は、結婚することになったの!あなたの知っている人よ!」相手の名前を聞いて、私の胸は締め付けられる思いでしたが、必死に気持ちを押し殺して、笑顔で祝福しました。どうして今まで教えてくれなかったんだろう…私が彼と付き合っていたこと知ってたよね?社会人になって、遠距離になって、それぞれの環境に落ち着くまで、一旦恋人関係を解消することになったのも、知ってたよね?…

そのとき、私自身が、彼にまだ未練があることに気づいてしまいました。しかし、彼を奪いたいというわけではなく、けじめをつけようと、地方にいる彼に会いにいく決意をしました。

「ひとりで観光にいくので、よかったら案内してほしい」と連絡をし、翌月、二人で会うことになりました。

10年ぶりに会った彼は、学生時代と変わらぬ優しい笑顔で迎えてくれました。二人で過ごした時間は、付き合っていたあの頃のように楽しいものでした。そしてその時間は、彼の結婚の話には一切触れられることはありませんでした。最後、別れるときに、事前に書いておいた手紙を渡し、「またね!」といって、彼の車を降りました。彼の目に涙が浮かんでいたのをみて、心が締め付けられるようでした。その手紙には「結婚おめでとう」とだけ、書いておきました。

今でも、間接的に彼の話は聞くことがありますが、今でも彼と過ごした時間は、甘酸っぱい思い出です。

新婚時代の夫婦喧嘩のついて

結婚して約20年が経過し、ここ数年喧嘩はしてません。しかし新婚当時は、よくケンカをしていました。その内容と仲直りの方法を一部紹介します。
まず喧嘩の原因は、私ですが会社の飲み会に行ったとき、2次会に行った頃に妻から電話がありました。スナックで飲んでいた私は妻と話している最中にスナックの女性従業員の声が電話越しに妻に聞こえ、その瞬間に妻は激怒。電話を切られリダイヤルをするも繋がらず。一気に酔いがさめ、急いで家に帰りました。

自衛隊のための婚活情報 | 結婚相談所で出会いを

妻の姿はなく実家に帰っていました。実家は車で5分ぐらいの所で、私が家に行くと妻がいました。子供が小さく自分だけ遊びに行っていることが許せず、さらに女性と楽しく飲んでいることが許せなかったそうです。妻と妻の母親にかなり怒られ、妻の父親が無言で酒を勧め、飲みましたが全く酔わず、ひたすら謝ったことを覚えています。

 仲直りは当分かかった気がします。1週間ぐらいようやく妻が話だし、その間は謝る日々でした。偶然にも妻の誕生日が近かったので、お小遣いを全てプレゼントにつぎ込みました。たしか3~5万円ぐらいのバックを内緒で買い、誕生日にプレゼント。その日から少しずつ会話が増え仲良くなりました。結婚して最初の大喧嘩は、かなり辛かったことを思い出します。
 ちなみに、その日以降2次会は行っていません。

いつもインドアなのに・・・

私と彼氏は自他ともに認めるインドア系。同棲を始めてからも買い出しやちょっとした外食以外に出かけることはほぼありませんでした。

ところが、とある土日。

http://andersonranchalumni.org/

ラグとか加湿器を買いに行かない?と彼氏から提案され、二日連続うろちょろとショッピングに!!
色々と吟味し、お昼頃に出かけて帰宅は夕方過ぎ・・・と私たちにしては長時間の外出。

ラグを敷いて、加湿器やその他もろもろ買ってきたもので部屋を充実させていく中、「ありがとうね、疲れたよね。大丈夫?」と声をかけました。
すると、彼氏の口から思ってもみなかった言葉が!!

「Iちゃん(私の名前)が在宅ワークを始めるでしょ?今より、家にいる時間が長くなると思ったから揃えてあげたかったんだ」と。

そう、私は本職を減らし、副業の在宅ワークを増やすことにしていたため、私を気遣ってのお買い物だったのです。

もともと彼氏一筋な私はその言葉にキュンキュン!!!好きが止まらないとはこのことなんだと身をもって実感。

寒がりな私のために、お風呂場などにも置けるヒーターの購入も検討していたようで・・・。

在宅の時間が増える分、彼の大好きな肉料理を喜んでもらえるようにたくさん作ろうと決意しました。
年上なのに、本当にかわいくてしかたありません・・・!!

大変なことも多いけど、大好きな彼と頑張って乗り越えていきたいです。
長々と惚気をすみませんでした(‘_’)